menu

小児矯正 CORRECTION

子どもの時期から
始める矯正治療
START FROM CHILDHOOD

お子様のうちに始めるイメージが強い矯正治療。その背景には、歯や顎の動かしやすさにあります。お子様の顎は成長途中なので、その力を利用して顎の幅を広げやすいのです。また、永久歯に生え変わる前にスペースをつくっておくことで、歯がきれいに並びやすくなり、抜歯などの大掛かりな処置が免れるため、小児のうちの矯正治療はおすすめです。

当院では小児矯正治療を通して、お子様の歯並びや嚙み合わせを整えるサポートをしております。顎の幅を広げる床矯正、マウスピース型装置を用いるインビザラインファースト、お口周りの癖を直してバランスを整えるプレオルソなどを取り扱っています。

こんなお悩み
ありませんか?

  • 出っ歯が
    目立つ

  • 歯並びが
    デコボコしている

  • 下顎が
    しゃくれている

  • 歯と歯の間の
    隙間が目立つ

小児矯正のメリット

お子様が小さな時から矯正を行うメリットは、身体が成長する力を利用して顎の骨の発育を促し、永久歯がきれいに並ぶのに必要なスペースを確保できることです。

さらに、将来的に口元の見た目の悪さでコンプレックスを持たなくて済む、成人矯正を行う際にも抜歯をする可能性が低くなるなど、様々な利点が挙げられます。小児期はお口の感覚が鈍感なため、装置の違和感に慣れやすく、歯を動かす痛みを感じにくいことも、大きな特長です。

きれいな歯並びは、親御様からお子様へあげられる、何物にも代えがたいプレゼントです。お子様が将来、歯並びや噛み合わせについて悩まなくて済むように、ぜひ小児矯正をご検討ください。

治療のタイミング
について
TREATMENT

  1. TREATMENT
    0期治療

    小児矯正の0期治療は、永久歯が生えてきた段階で矯正治療が必要ない状態にするための、予防矯正のことを指します。目安としては、乳歯が生えてきた3歳から5歳程度までが対象です。矯正装置の一種であるプレオルソによって顎と顎顔面の成長発育を促すと共に、お口の機能性を高め、舌で歯を押す、指しゃぶりをするといったクセを取り除くMFTによって、歯並びと噛み合わせの悪化防止を目指していきます。

  2. TREATMENT
    1期治療

    1期治療は6歳から12歳くらいまでの、乳歯と永久歯が生え変わる歯列混合期に行います。顎の大きさと歯のサイズのバランスが悪く、将来的に歯並びが悪くなることが予想される場合に、装置を使って顎の骨の成長を促します。受け口や出っ歯を比較的無理なく治療できるのは、骨が成長する力を利用できるこの時期です。1期治療を行っておくと、歯並びが整えられるだけでなく、顔面の骨格の調節にも役立ちます。

  3. TREATMENT
    2期治療

    小児矯正の2期治療は、永久歯が全て生え揃った13歳以降に、歯列を整えるために行う治療です。成人矯正と同じように、ワイヤー装置やマウスピース装置を使って歯を動かして、歯並びや噛み合わせを改善していきます。1期治療から取り組んでいる場合には、歯を動かすのに十分なスペースがあるため、比較的スムーズに矯正治療が終えられます。

小児矯正の流れ FLOW

  1. FLOW
    初診・相談

    まずは、親御様にお子様の歯並びで気になる点をお伺いします。その上で、歯科医師がお子様のお口の状態を見て、その段階で予想できる矯正方法や費用などを大まかにご説明いたします。

  2. FLOW
    検査

    患者様のお口の中を、レントゲンや歯科用CTで撮影し、精密検査を行います。検査結果をもとに、患者様一人ひとりに合った治療計画をご提案いたします。

  3. FLOW
    治療前の準備

    詳しい治療内容やメリット・デメリットを含めて、親御様へわかりやすくご説明させていただき、ご理解と同意が得られれば、次のステップへ進みます。お子様に虫歯がある場合には、矯正を始める前に治療を行います。

  4. FLOW
    矯正治療の開始

    お口に装置を取り付けて、矯正治療の開始です。治療期間中には、月に1回の頻度でご来院いただき、装置の状態やお口の状態をチェックしていきます。

  5. FLOW
    矯正治療終了・保定

    矯正治療が終了した後は、後戻り防止のために保定装置をお渡しします。矯正後の状態が安定するまでは、3カ月~4カ月の頻度でご来院いただき、経過観察を行います。ワイヤー矯正の場合はブラケット装置を取り外して、後戻り防止の保定装置をお渡しいたします。歯並びが定着するまで、3カ月~4カ月の頻度で通院してもらい、口内の状態を確認していきます。

  6. FLOW
    保定終了・定期検診

    お口の状態が安定したら、保定期間の終了です。その後は定期検診のご案内を行い、口内の継続的な確認とクリーニングによって、トラブル防止に取り組むことをお勧めしています。お口の健康を維持するためにも、ご活用いただければ幸いです。

矯正方法について

  • 床矯正

    顎のスペースを広げるためのネジが付いた、取り外しが自由にできるタイプの矯正装置です。保護者の方に数日に1回ネジを巻いていただくことで、装置が広がって、顎の骨の成長を促していきます。食事と歯磨きの時間以外は、装着していただくことが理想です。その他、学校に行っている間や運動をする時には、患者様の判断で取り外していただけます。

  • インビザライン・
    ファースト

    乳歯と永久歯が入れ替わる混合歯列期に歯並びを整えるための、マウスピース型の矯正装置です。マウスピースは透明なため、装着中も周りから矯正中であることを気が付かれにくく、周りのお友達にからかわれる心配がありません。簡単に取り外しができるので、お食事や歯磨きを邪魔することがなく、お口の中を清潔に保てます。

  • プレオルソ

    マウスピース型の装置で、柔らかいシリコン製のために痛みが少ないという特徴があります。歯並びや噛み合わせを整えるのと同時に、舌やお口のまわりの筋肉の動きを矯正し、呼吸の状態も改善します。起きている間の1時間と、就寝時に装着していただくため、生活を送る上での負担になりにくい装置です。

24時間WEB予約 Web Reservation 24時間WEB予約 Web Reservation tel 24時間WEB予約